竹田恒泰氏が慰安婦像設置をめぐり「食い逃げされたも同然」


竹田恒泰氏 慰安婦像設置をめぐり韓国を批判「食い逃げされたも同然」

10日、明治天皇の玄孫で作家の竹田恒泰氏が自身のTwitter上で、韓国に辛らつな発言を連発した。

発端は、韓国の市民団体が釜山の日本総領事館前に新たな「平和の少女像(慰安婦像)」を設置したことにある。この件に対し、日本政府は抗議の意を込めて駐韓大使の一時帰国、日韓通貨交換(スワップ)の取り決め協議の中断などの対抗措置を取った。

竹田氏はこの話題を取り上げ、韓国の像設置は「明らかに日韓合意の趣旨に反する」とした上で、「韓国政府がこれを黙認したことは、自らの首を絞めていることに気づかないようだ」と指摘したのだ。そして、日韓合意成立の際、日本政府が「元慰安婦支援」との理由で10億円を支払った件に対して、「まるで食い逃げされたも同然」「『10億円の振り込め詐欺』との表現も実に的を射ている」と批判を交えて綴っていた。

2015年12月、日本政府は旧日本軍の慰安婦への関与と責任を認めると同時に、元慰安婦を支援するための財団に10億円程度を拠出することで韓国と合意している。

さらに竹田氏は、今回の措置で中断となったスワップ協議についても、「完全に打ち切るべき」と持論を展開。今回の日本政府の対抗措置を称賛するとともに、「本来は、ありもしない『従軍慰安婦』の像を目と前に建てられた以上、大使館と領事館は閉鎖すべきだろう」「少女像が撤去されたら、初めて再開を検討すればいい」と、最後まで厳しく主張していた。

スポンサーリンク


トピックニュース


▼アンケート(ランダム)& 結果確認


この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!