「人間関係には”2・6・2″の法則がある」自分の味方が2割、何があっても自分の敵が2割…


劇画原作者の小池一夫 (@koikekazuo)さんのツイートが話題になっています。

小池一夫さんは「人間関係には “2・6・2” の法則がある」といいます。

▼そのツイートがこちら

どれほど頑張ろうとも決して分かり合えない人が、誰の周りにも一定数存在するもの。

そうした方々については、歩み寄ろうとするのではなく、割り切った付き合いをするべきだという小池さんの意見に、他のTwitterユーザーからも賛同の声が上がりました。

スポンサーリンク

なお、その「敵」が身内の中に居た場合はどうするべきか、という質問に対しては…

近い関係ならなおさら、確固たる意志を持って対応すべきと返答しています。

限られた人生で出会う、限られた人々。自分のためにも、そして相手のためにも、ときには諦めることが大切、ということですね。


▼アンケート(ランダム)& 結果確認


この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!