おすすめの記事

娘が酔いつぶれるまでお酒を飲んだ父、それは愛に溢れる真意があった


お父さんが伝えたかったこととは…

ツイートの画像の文章はこのように続きます。

リビングに行くと父はもう出掛けていた。母に広告の裏に書いた手紙を渡された。

 

「 麗子へ

昨日は楽しかったな。  また、行きたいよ。また一緒に行こうな。

 

昨日、麗子が飲んでグロッキーした酒の量はわかるか?
ビール2杯、チュウハイ5杯、・・・・。。。。。
それが、お前の量だぞ。

 

今度、誰かと飲みに行っても、その量の手前で帰ってこい。
世の中はいい奴ばかりじゃない。  騙してどっかに連れて行かれたら。
お父さんは守ってやれないから。

 

だから、お前の量を教えようと思ったんだ。
必ず守ってくれよ。

 

お父さん信じてるけどな・・・

 

お父さんより」

 

涙が出るのを必死で堪え朝食を食べた。

 

母が、お父さんはずっと心配していた・・でもどういう風に伝えたらいいか?
悩んでた・・縛ってもいけない。 あの子は、そういう子だから。
縛ったら帰らなくなる子だから・・・
今思えば、あの頃本当に心配だったと思う。
好き勝手な事をして遊んでいたから・・・

 

ありがとう。お父さん。 お陰で誰かに騙される事無く遊べました。
お酒で失敗は、あまりしませんでした。
つまらない事で傷つく事も無く青春を謳歌いたしました。
感謝しています。

 

女の子を持つ父親はきっと自分が男だけに心配なんだろう。
父も昔のようにカッコ良くはなくなった。 もう、お爺ちゃんだ。
あの頃のように夜の町を歩く父は、もういない。
趣味の畑で野菜を作り私や孫に食べさせるのを楽しみにしている。

 

今の私があるのは父のお陰だ。 いくら感謝しても、足りないな・・・

出典 Twitter

娘さんの気持ちを考えた、お父さんのふるまいに涙が浮かんできます。

スポンサーリンク

Twitterでは多数の反響が

このツイートに対し、感動したというコメントが数多く寄せられました。

お父さんが娘さんを夜の街に連れ出したのは、こうした意味があったのですね。

男親に限らず、年頃の娘が夜の街で危ない目に遭わないかを心配する親御さんは多いと思います。

ただ頭ごなしにNGを連発するのではなく、こうしてコミュニケーションを取りながら身体を使って説明することで、お子さんたちも親の愛情を感じながら素直に受け止めることができるのかもしれません。

素敵なお父さんの娘への「想い」に感動しました。

ページ:
1

2

スポンサーリンク スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

「確認」と表示されたらクリックしてね♪

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!

  1. 「たった62人」の大富豪が全世界の半分の富を持つ 〜あまりにも異常な世界の現実

    大富豪が巨万の富を握り、庶民は重労働と薄給にあえぐ。そんな100年前の世界に、私たちは逆戻りしている…