おすすめの記事

仕事で毎日帰りが遅くなる父親に、5歳の娘から衝撃的な一言。


今日も仕事で疲れきって
遅くなって家に帰ってきた。

すると、私の5歳になる娘が
ドアのところで待っていたのである。

私は驚いて言った。

「まだ起きていたのか。
もう遅いから早く寝なさい。」

すると娘は

「パパ。寝る前に聞きたいこと
があるんだけど。
パパは1時間に
いくらお金をかせぐの?」

私はイライラして言った。

「お前には関係ないことだ。
なんだって
そんなこと聞くんだ?」

娘は嘆願した。

「どうしても知りたいだけなの。
1時間にいくらなの?」

仕方なく私は

「あまり給料は良くないさ…
2,000円くらいだな。
ただし残業代はタダだ。」

娘は言った。

スポンサーリンク

「わぁ。」

「ねえ。パパ。
私に1,000円貸してくれない?」

疲れていた私は激昂した。

「なんだって!」

「お前が何不自由なく暮らせるために
オレは働いているんだ。
それが金が欲しいだなんて。
だめだ!早く部屋に行って寝なさい!」

娘は、黙って自分の部屋に行った。

ページ:

1

2
スポンサーリンク スポンサーリンク

▼アンケート(ランダム表示)& 結果確認


この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!