日本の対抗措置、韓国「非常に遺憾に思う」

韓国・釜山の日本総領事館前に先月、慰安婦像が設置された問題をめぐり、菅官房長官は6日、長嶺駐韓国大使の一時帰国などの対抗措置を取ることを発表した。日本の対抗措置について、韓国側は「遺憾の意」を表明している。

韓国の外務省はコメントを発表し、「日本政府の措置を非常に遺憾に思う」とした上で、「両国間に難しい問題があるとしても、信頼関係をもとに日韓関係を発展させていくべきだ」と述べた。

韓国政府は先月30日には、「外交公館保護と関連し国際儀礼という面からも考える必要がある」と設置を望ましくないとする立場を示しているが、一方で、「自治体と市民団体が設置に適切な場所に関し知恵を集めることを期待する」と述べていて、事実上、設置を黙認した形になっている。

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

☑️は『いいね!』済みです。
取り消しにご注意ください

Twitterで速報を受け取る

アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事