おすすめの記事

関係者が激怒…SMAP中居派”キムタク抜き慰労会”の重すぎる余波


「ジャニーズはこれまで、SMAPの解散を止められず、『NHK紅白歌合戦』の出演も説得できず……メンツを潰され続けてきた。経緯を知っている幹部からすれば、度が過ぎる、幼稚過ぎると激怒するのも無理はない。今回の打ち上げに関しても、実はジャニーズ側も一度は察知してストップを掛けていたんです。木村が呼ばれない打ち上げが表沙汰になれば、メンバー間の確執を印象づけ、ジャニーズのイメージもますます悪化しますから」

しかし、中居らはジャニーズ幹部の声を無視して打ち上げを強行。そして、やはりそこに木村の姿はなかった。

「ジャニーズサイドは、報道で初めて打ち上げが強行されたことを知ったそうです。事務所幹部も『あいつら、いつまでガキみたいなことしてるんだ!』と、怒りを露わにしていましたよ。しかし、本音は自分たちの面目が立たないことへの苛立ちでしょうね」(前同)

とはいえ、4人は少なくとも今年9月まではジャニーズ所属のまま。契約更新にあたっては常々「何かが起こる」と言われているが、中居らとしてはもはやジャニーズサイドに対して、どんな負の感情を持たれても構わないということなのか。

スポンサーリンク

文・真田栄太郎(さなだ・えいたろう)※1978年神奈川県出身。大学在学中にフリーライターとして活動を始め、『東京ダークサイドリポート』(ワニマガジン社)、『週刊宝島』(宝島社)、『Hot Dog Press』(講談社)などに寄稿。現在は週刊誌の記者・編集者として事件、芸能取材に奔走する

http://netallica.yahoo.co.jp/news/20170105-99684127-dailynewsq

ページ:
1

2

スポンサーリンク スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!