昨年12月31日をもって解散したSMAPだが、その最後の日に木村拓哉(44)以外のメンバーで“打ち上げ”が行われていたことが明らかになった。関係者は「この打ち上げに関し、ジャニーズ事務所は感知していなかった。決行され、明るみに出たことで、メンバー間の“溝”が浮き彫りになった」と語る。

1月5日発売の『週刊新潮』(新潮社)によると、中居正広(44)、稲垣吾郎(43)、草なぎ剛(42)、香取慎吾(39)の4人のほか、木村の代わりに元メンバーの森且行(42)が参加していたとのこと。

「彼らは六本木にあるタレント・堺正章(70)プロデュースの焼肉店で打ち上げを開催。記事によれば、木村も同日のスケジュールは空いていたものの、声が掛からなかったそうです。その一方で、メンバーの希望で森が呼ばれ、懐かしい思い出を振り返るなどしながら楽しい宴会となったことが伝えられています」(スポーツ紙記者)

この打ち上げが報じられたことで、木村の孤立、不仲説が際立つ事態に。そして当然、ジャニーズはこのことに憤慨しているという。

■メンツを潰すにもほどがある?

前出のスポーツ紙記者が語る。

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

☑️は『いいね!』済みです。
取り消しにご注意ください

Twitterで速報を受け取る

アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事