おすすめの記事

発見!氷の上を滑らないように歩く確実な方法が話題


北の地方では、靴の裏にすべり止めをつけたり、タイヤのスタットレス化など、積雪の準備は万全だと思います。

しかし、雪に慣れていない地域の人たちは、なかなかそういうわけにはいきません。

さて今回ドイツ人の医師が発見したのは、「氷の上を滑りにくく歩く方法」です。

その方法はとても簡単。なんと「ペンギンのようにあるけばいい」ということです。

ペンギンのようにとは、動物園にいるような、ちょっとかったるそうに、体を左右に揺らしながらペタペタ歩く方法。その際に重心は前に。

そうすることで、人間の足がパカっと開かず、その結果滑りにくくなるそうだ。足を開くことで重心が2つになり、滑りやすくなるそうです。

スポンサーリンク

体を前傾に、そしてペタペタ歩く。ペンギンのように。

なるほど、だからペンギンは滑りにくいのか…
とはいえ、それが出来れば苦労はしないわけですがこれをマスターするのになかなかコツがいりそうです。

掲載元:http://www.dailymail.co.uk/

スポンサーリンク スポンサーリンク

▼アンケート(ランダム表示)& 結果確認


この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!