おすすめの記事

りゅうちぇるがいじめ加害者の実名報道に反論「更生できない。ひねくれちゃうと思う」→ ネット「更正の必要はない」

  • 2017/1/5

りゅうちぇる いじめ加害者の実名報道に反論「更生しないといけない」

3日放送の「好きか嫌いか言う時間 新春から超々々大激論SP」(TBS系)で、りゅうちぇるが、いじめ加害者の実名報道に反論した。

番組では、いじめ加害者の実名報道をめぐって、出演者が意見を交わした。

いじめの認知件数が過去最多の224540件に達する中、神奈川県川崎市で昨年発生した中学生殺害事件において、一部週刊誌が主犯格少年の顔写真と実名を報道。この件をめぐり、「加害者少年の更生と社会復帰を阻害する」「再発防止と抑止力につながる」と、賛否が割れている。

スタジオでは、「実名報道をすべき」という問いかけに対し、坂上忍と吉田敬、途中からは作家の大宮エリー氏が賛成、りゅうちぇるを始めとする他の出演者は反対の立場に立った。

スポンサーリンク

吉田は「(被害者が)何年もいじめられて自殺してしまった。いじめてる奴がバンバン世間からバッシングされたって、自殺するほど追い込まれた子に比べれば、なんか『乗り越えんかい、それぐらい!』って(思う)」と意見する。

ページ:

1

2
スポンサーリンク スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!

アンケート投票