おすすめの記事

【見てて不快】ニッチェ江上敬子へのドッキリ企画 「いじめ」だと非難の嵐


【エンタがビタミン♪】和田アキ子が仕掛け人 ドッキリ企画に批判続出「パワハラに不快」「ニッチェ江上かわいそう」

年末年始の特別番組として放送されることが多いドッキリ系お笑い番組。「呑気に笑って見ていられる」「家族で楽しめる」と人気がある一方で、「やり過ぎ」「ただのイジメ」だと批判の声があがる企画も少なくない。

今回、和田アキ子の冠番組での失態を和田本人から責められるという江上敬子(ニッチェ)に対するドッキリ企画は、「不快感しかなく笑えない」「和田アキ子の好感度だだ下がり」とすこぶる評判が悪いようだ。

2016年12月11日放送の『アッコにおまかせ!』に初出演したニッチェの2人。今年32年目を迎える同番組には独自の“しきたり”があり、本番前のリハーサルから和田以外の出演者は全員出席し、その後全員で和田が待機している楽屋を訪れ挨拶をするというのもその一つだ。

スポンサーリンク

まず“右手でハイタッチをして、跪いて和田の手の甲にキス”という嘘の挨拶の仕方を教えられたのだが、江上敬子は疑いもせず従う。

しかし和田から「私と衣装の色が被っている」と直接注意され、慌てて江上はピンクの衣装を着替えることになった。

出演者らにとって和田の衣装と同じ色を着ることが絶対にNGなのは、本当のルールだという。

次に生放送で何度かあるCM中、観覧客を楽しませるため江上にネタ見せをするように和田が命じた。

ページ:

1

2 3
スポンサーリンク スポンサーリンク

▼アンケート(ランダム表示)& 結果確認


この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!