おすすめの記事

【衝撃】審査委員の平野敬子氏が公式ブログで沈黙を破る!五輪オリンピック旧エンブレム選考時に行われた癒着について!


五輪エンブレムと聞いて思い出すのが、パクリ疑惑騒動。デザイナーの佐野研二郎氏がデザインしたあの「T」をイメージしたもので、大騒動になりました。

それから選考時の癒着問題についてはしばらくの間、メディアを賑わせていましたが、その時の選考委員でデザイナーの平野敬子氏が沈黙を破り、自身のオフィシャルブログで真相を告白しました。
当時は選考委員の一員ということで、マスコミやネット上ではバッシングを受けていたとも言われていますが、黙っていても問題が解決しないため、告白に踏み切ったそうです。
聞けばデザイン業界、メディア、政界のうんざりするほどがんじがらめの癒着度です。

写真の前列右から2番目が平野氏。
今回、ブログからの転載は禁止ということなので、要点をまとめてみました。

大きく要点は6つ。

1. 公募期間が短い

エンブレムの公募期間は2014年9月12日から11月11日の2ヶ月間となっており、申し込み後に詳細が知らせれるという形式をとってあった。

実質制作にかける期間は1ヶ月。五輪エンブレムのデザイン選考にしては短すぎて通常の応募者では緻密なデザインにするにはあまりに時間がなさすぎる。

2. 審査ポイントに謎の指令

審査のポイントに電通の高崎拓馬氏より、「展開性を重視して選ぶように」謎の指令があった。
展開性とは応用性のことでデザイン業界で使用する用語ではないそうですが、平野氏はこれに反発。
「純粋にロゴで選択し、あとから展開性を考えればいい」と意見しましたが退けられた。

スポンサーリンク

3. 招待作家(シード作家)がいた。

審査委員長と電通の高崎氏は内密に招待作家に応募をさせていたことがあとからわかった。
平野氏はこの事実を週刊誌報道で知った。
その時、選考時に「これはシード作家の作品なのに残さなくていいのか?」というような会話を耳にしたという。

ページ:

1

2
スポンサーリンク スポンサーリンク

▼アンケート(ランダム表示)& 結果確認


この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!