おすすめの記事

【112日間のママ】息子の生後3ヶ月で妻の死…その後清水アナが辞職し、起こした行動「今、やるべき事」とは…


読売テレビ「かんさい情報ネット ten.」でメーンキャスターを務める清水健アナウンサーが、同番組のスタイリストだった奈緒さんと結婚したのが2013年の5月。翌2014年の3月には奈緒さんの妊娠がわかり、清水家は大きな喜びに包まれました。

しかし、同年4月30日に予想もしていなかった出来事に襲われます。奈緒さんの左胸に深刻な状況の乳がんが見つかったのです。

「手術」か「出産」か

出産を諦めるのか、諦めないのか
僕たちは幸せの絶頂から一瞬にして、「命の選択」を突きつけられたのだ
出典『112日間のママ』清水健著 小学館

そしてこの時、出した答えは「家族3人で生きること」という事。ほとんどの病院が子供を諦めて治療に専念するように勧める中、ようやく治療をしながら子供を産む事という選択を受け入れてくれる病院に辿り着きます。そして5月19日に手術を受けると、赤ちゃんへの影響を配慮しながら治療を続けました。

スポンサーリンク

3人の戦いは実を結び、奈緒さんは10月に無事に長男を出産。しかし、喜びにあふれたその瞬間からわずか2週間後、あまりに残酷な現実が2人を襲いました。がんは、肝臓や骨、骨髄にまで転移していたのです。そして医師からこう宣告されます。

「もって3カ月でしょう」

ページ:

1

2 3
スポンサーリンク スポンサーリンク

▼アンケート(ランダム表示)& 結果確認


この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!