おすすめの記事

橋下徹氏 安倍晋三首相との会食を批判した蓮舫氏に反論


橋下徹氏 安倍総理との会食を批判する蓮舫氏に反論「蓮舫さんともご飯食べましたよね?」

24日、前大阪市長で弁護士の橋下徹氏が、自身のTwitter上で、民進党代表・蓮舫氏からの批判に反論した。

日本維新の会の法律政策顧問を務めている橋下氏は同日、安倍晋三首相と会談した。会談後、安倍氏は記者団に「お互いに今年いろいろあった。来年もともに頑張ろうと(話した)」と説明し、維新との連携強化に前向きな姿勢を示していた。首相と橋下氏の会談は今年7月以来で、菅義偉官房長官と、大坂府知事で維新代表の松井一郎氏も同席している。

この件について蓮舫氏は批判した、とFNNが報じている。蓮舫氏は橋下氏について「テレビで、普通の民間放送に出ておられる方が、こうした特定の政党のまるでトップかのように行動するというのは、わたしにとっては、大きな違和感があります」とコメント。日本維新の会についても「通常国会や臨時国会の維新の行動をみていると、ほぼ与党と同じ」とし、「あらためて維新と連携するという道は、相当難しいと思っている」と連携への否定的な見解を示している。

スポンサーリンク

すると同日中、橋本氏がTwitter上で「蓮舫さん、そりゃないよ」とその「違和感」に反応。「テレビに出ている人間は政治家と会食をしてはダメなの?」「蓮舫さんが代表に就任した後、僕は蓮舫さんともご飯食べましたよね?」と打ち明けると、「それはOKで首相はダメな基準を教えてよ」といい、自身と会食しつつも安倍氏との会食には「違和感」をもつ蓮舫氏にその理由を問うている。

トピックニュース

スポンサーリンク スポンサーリンク

▼アンケート(ランダム表示)& 結果確認


この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!