おすすめの記事

韓国の鳥インフル、日本の20倍発生!しかも政府が感染肉・卵の販売を容認し大混乱


【朝鮮日報】 史上最悪の鳥インフル被害が映す「失敗した国」韓国の姿

鳥インフルエンザが韓国国内に広がり、ニワトリ・アヒルの殺処分数が2000万羽を超えました。

そしてニワトリの価格は跳ね上がり、鶏卵不足のため航空便で緊急輸入まで推進することに。

同じころ鳥インフルエンザが発生した日本では、発生件数が6件にすぎず、殺処分も102万羽にとどまっています。これはあまりに対照的です。

韓日の鳥インフル対応は、初日から違いがでていました。日本は11月末、最初に家禽類の鳥インフル確定判定が出ると、それからわずか2時間後の夜11時、総理官邸に鳥インフル関連の情報連絡室を設置。

安倍首相が出した「徹底した防疫」という指示も、深夜に各省庁へ伝えられ、翌日午前4時、自衛隊の隊員が鳥インフルの発生現場に出動して防疫作業を行い、朝9時から関係閣僚会議が開かれて政府レベルでの対策を協議しています。こうした全ての措置が12時間以内に行われたのです。

スポンサーリンク

一方、黄教安首相は、鳥インフルが発生してから10日後に、ようやく防疫対策状況室を訪れます。「1カ月」対「即時」、「10日」対「2時間」(国政の最高責任者が鳥インフル対策の取りまとめにかけた時間)という差が、「2000万」対「102万」(殺処分数)という大変な結果の違いを生んだのです。

ページ:

1

2
スポンサーリンク スポンサーリンク

▼アンケート(ランダム表示)& 結果確認


この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!