おすすめの記事

“家族に飲ませることができる生薬を” 漢方大手ツムラが売る“社員に飲ませられない”生薬 中国産原料に「想定外の農薬」


ひきはじめの風邪に効くとされる「葛根湯」は、広く知られた漢方薬のひとつ。これからの季節には、薬箱に欠かせない家庭も多いのではないだろうか。その漢方薬最大手「ツムラ」に重大疑惑が発覚。内部文書には、目を疑いたくなる衝撃的な一文が記されていた。

***

前身の津村順天堂は1893年創業という、老舗製薬会社「ツムラ」。かつて大ヒットした入浴剤「バスクリン」の会社と言えば馴染み深い世代も多かろうが、それは一昔前の話だ。

バブルに乗じた多角経営や、創業者一族の元社長による特別背任事件によって、一時は倒産寸前にまで傾くものの、2000年代には漢方薬に特化した製薬会社として再出発。今では、市販の漢方薬だけでなく医療用漢方薬のメーカーとして国内シェア8割を持ち、昨年度の売上高1126億円を誇る漢方薬会社として復活を遂げていたのだが――。


ツムラが販売している漢方薬

スポンサーリンク

■許可していない農薬が検出

ここに一組の内部文書がある。今年7月5日にツムラ本社7階の会議室で行われた、社長をはじめとする社内の役員、執行役員全員が出席した、役員会議の際に用いられたものだ。タイトルは「生薬GACPの現状と今後の農薬管理について」と書かれ、社内の生薬本部が作成していた。

ツムラの幹部によれば、

「この資料は、中国産の生薬原料からツムラが使用許可を出していない農薬が検出されたため、再発防止を図るには、今後どのような対策を取るべきかが書かれているのです」


本社は赤坂の一等地

内部文書のタイトルに書かれたGACPとは、簡単に言うと安全に生薬を確保するためのガイドラインのことを指す。

ページ:

1

2 3 4
スポンサーリンク スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!

アンケート投票