おすすめの記事

キングコング 西野「まだ『情報解禁』とか言ってんの?発想が古すぎるんだよ、糞ダセー!」


記事提供:キングコング西野 オフィシャルダイアリー

街を歩いていて、面白い看板があれば撮影してInstagramにアップする。

気になったニュースがあればコメントし、不特定多数の人に自分の意思を表明する。

これらはプロのカメラマンの仕業でも、プロのコメンテーターの仕業でもなく、一般の方々の仕業で、ご覧のとおり今は国民総クリエイター時代だ。

それを生業としているかどうかはさておき、国民一人一人が情報を発信するようになった。

この国には、クリエイター(仕事で情報を発信する人)とセカンドクリエイター(趣味で情報を発信する人)しかいない。

つまり、《純粋な(受け止めるだけの)お客さん》なんて、ほぼほぼ絶滅したわけだ。

クリエイターとセカンドクリエイター…大きくまとめるとクリエイターしかいない時代に刺さるコンテンツは『全員クリエイター、全員オーディエンス』になれるものしかない。

つまり、クリエイターがお客さんになれるものしかない。

だって、クリエイターしかいないんだもの。
たとえば、自分で食べるものを自分で作る『バーベキュー』のような。

世界は間違いなく、そっちにシフトしていっている。

お客さんがオフ会で集まって振り付けの練習をして臨んだり、ライブタオルを頭に巻いて会場の前でお客さん同士が円陣を組んで「いくぞ、おー!」なんて叫んでいる『音楽ライブ』なんて、まさにそうじゃないか。

その空間にはクリエイターしか存在していない。

たとえばね、僕と担当編集者の二人で議論し合い、何年もかけて生み出した本は、最低2冊は売れる。

なぜなら、僕と担当編集者がそれぞれ1冊ずつ買うから。

本当はもっと売れるよ。

自分達の頑張りを知って欲しいから、友達に配る用に、あと数冊は買うから。

しかし、まぁ、最低でも2冊は売れる。

スポンサーリンク

2人で作った本が2冊売れるのならば、10万人で作った本は10万冊売れるじゃないか。

ちなみに、昨日、21万部を突破した『えんとつ町のプペル』は、クラウドファンディングを使って、1万人で作った。

支援してもらうことで、作り手側にまわってもらったわけだ。

クラウドファンディングの本質は、資金調達ではなく、共犯者作りだ。

ページ:

1

2 3
スポンサーリンク スポンサーリンク

▼アンケート(ランダム表示)& 結果確認


この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!