おすすめの記事

堀江貴文氏 自己破産が増える奨学金の問題点を指摘「実態は学生ローン」


堀江貴文氏 自己破産が増える奨学金の問題点を指摘「実態は学生ローン」

19日放送の「クローズアップ現代+」(NHK総合)で、堀江貴文氏が、奨学金制度における問題点を指摘した。

番組では、卒業後に奨学金を返せず自己破産する若者が増えている問題を取り上げた。この中で、大学卒業から7年後に自己破産した29歳の女性を取材。母子家庭で育ったこの女性は、高校・大学の奨学金として合計600万円を借りた。

卒業後は非正規の保育士として働くも収入が少なく、返済ができなかったようだ。女性には婚約者もいたが、破産による迷惑を考えて婚約を解消したという。

この問題に堀江氏は、現在の奨学金は実態が「学生ローン」だと指摘。「ネーミングがよくない。返さなくていいのが『奨学金』のはず」と、その本質の矛盾を突いたのだ。

スポンサーリンク

さらに堀江氏は「返済能力があるかないかも分からないのに500~600万円貸してるでしょ? そこはひとつの問題」とし、世帯収入が下がっているにもかかわらず、教育にかかる費用が年々増加している現状にも言及したのだった。

関連:【奨学金のリアル】死も自己破産も許さない…滞納している人への督促の仕組みとは

スポンサーリンク スポンサーリンク

▼アンケート(ランダム表示)& 結果確認


この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!