おすすめの記事

カジノは反対なのにパチンコはOK。民進党のおかしな態度の理由とは……


カジノもパチンコも、お金を賭けて遊ぶギャンブルという点では同じです。
すると、ギャンブルだからカジノには反対だというなら、当然パチンコにも反対するのが筋というものです。
カジノだけ反対、パチンコはスルーというのはおかしいですね。

また、かつて自分が積極的に進めていたことについて、後から急に反対しだすのはおかしいと思いませんか。
意見が変わるのはあり得ることにしても、考えが変わった理由はちゃんと説明すべきです。

さて、この2つの「おかしなこと」をやってしまっているのが、現民進党党首の蓮舫氏。


彼女は以前自分が進めていたカジノ導入を、今ではギャンブルだからと反対しています。
それなのに、パチンコはスルー。
いったい、これはどうしたことでしょうか。

スポンサーリンク

蓮舫氏は、安倍総理との党首討論で、「カジノは負けた人の掛け金が収益になるから問題」だと主張しています。
つまり、ギャンブルだから問題だと言っています。

ですが、それはパチンコにも同じことが言えます。
カジノが問題だと言うなら、既に一大産業となっているパチンコも積極的に規制していくのが当然でしょう。

ところが、蓮舫氏はパチンコ業界には何も言っていません。これはおかしいですね。
それだけではありません。
蓮舫氏にはもっとおかしなことがあります。

ページ:

1

2
スポンサーリンク スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

「確認」と表示されたらクリックしてね♪

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!

  1. 病気の息子とバスに乗ったら、ママグループから酷い言葉の暴力。ブチ切れて文句を言うと、運転手から「奥さん、ここで降りて」と…

    10歳の息子がある病気を持っており、車いす生活で さらに投薬の副作用もあり一見ダルマのような体…