おすすめの記事

博多の陥没事故、トンネル内部に居た作業員9人を解雇へ。市議会の質疑から発覚… ネット上「下っ端に責任を押し付け?」

  • 2016/12/19

先月に福岡県の博多市で発生した大規模な陥没事故について、事故当時トンネル内にいた作業員9名が先月付で解雇通知となっていることが分かりました。

これは福岡市議会で共産党の中山郁美幹事長が質問したことから発覚した事実で、大成建設の社員1名と成豊建設の社員8名が解雇対象になったと発表されています。

解雇の詳しい原因は不明ですが、トンネル内部の事故や異常を未然に防げなかったことから、解雇処分となった可能性が高いです。ただ、建設会社すら予測が出来なかった事故だけに、下っ端の作業員を解雇した判断には疑問や批判の声が多く見られました。

トンネル内作業員9名解雇 博多駅前陥没事故
http://www.data-max.co.jp/281215_dm1772_2/

スポンサーリンク

 地下鉄七隈線延伸工事で起きた博多駅前陥没事故で、事故当時トンネル内にいた作業員9名が先月21日付で解雇通知が出されていたことがわかった。15日の福岡市議会で、共産党・中山郁美幹事長の質疑のなかで明らかとなったもの。
作業員は大成建設の社員1名、成豊建設の社員8名で構成されていた。
【木村 尚基】

▼ネット上の反応(2ページへ)

ページ:

1

2
スポンサーリンク スポンサーリンク

▼アンケート(ランダム表示)& 結果確認


この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!