おすすめの記事

片目失い“見えた”こと 「もっと優しい社会に」 ピーコさんインタビュー


片目失い“見えた”こと 「もっと優しい社会に」 ピーコさんインタビュー

左目にメラノーマ(悪性黒色腫)というがんを患い、27年前に眼球を摘出したタレントのピーコさん(71)。片目では遠近感がつかめず不便を感じることが多い一方、新たに気付かされたこともあったという。ラジオ収録のために訪れた福岡市で取材に応じ、視覚障害者のホームからの転落事故などを受け「もっと声を掛け合う優しい社会になってほしい」と語った。

-1989年、44歳でがんが見つかった。

「原稿を書こうとすると、升目の横の線が見えない。左目で物を見ると、右目の半分の大きさ。専門医に診てもらったら『1・4センチのがんで眼球を取らないと命にかかわる』と言われ、摘出を決心したの」

-手術は成功し、アクリル樹脂製の義眼を特注した。
スポンサーリンク

「今の義眼は一つ10万円ぐらいの負担で済むけど、当時は保険が効かず30万円もかかった。右目と違和感がないように黒目や白目の大きさや色を調整するから高いのね。それも手術から1年間は、義眼を入れる所の形が変わっていくから作り替えなきゃいけない。そしたら映画評論家の淀川長治さん(故人)が『おしゃれ目の会』を作り、芸能界の友達に1人1万円で募ってくれて、300万円も集まった」

ページ:

1

2
スポンサーリンク スポンサーリンク

▼アンケート(ランダム表示)& 結果確認


この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!