おすすめの記事

14歳の少女が死亡した事故… 子どもに飲ませてはいけない飲み物が原因だった…


今回ご紹介するのはアメリカで起きた死亡事故。
なんと14歳の少女が「ある飲み物」を飲んだことによって、カフェインの毒性による心臓の不整脈になりこの世を去りました。
その時に摂取したカフェイン量は、480mg。


成人の1日のカフェイン摂取量の限度は400mgとされており、14歳の少女にとってどれほど危険な量かわかるかと思います。
この致死量ともいえる量を摂取したの少女は、実は「ある飲み物」を2本飲んだだけだったのです。

娘が死亡したとし、遺族らは製造会社を相手取って訴えを起こしました。
亡くなった少女の母親は、「そのドリンクが人を殺す可能性があることを知ってもらいたいだけ」と述べているようです。

スポンサーリンク

少女が飲んだのは、エナジードリンクとして販売されている「モンスターエナジー」。

特に社会人や学生は疲れた時や元気が出ない時にエナジードリンクを飲むことがあると思います。

海外のエナジードリンクは缶1本を飲むだけで心拍数が上がるなど、体に異常が出る成分が含まれているそうです。

ページ:

1

2
スポンサーリンク スポンサーリンク

▼アンケート(ランダム表示)& 結果確認


この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!