おすすめの記事

【衝撃】時間以内に商品を探しださないと罰を与えられるネット通販Amazonの“アマゾンビ”と呼ばれる舞台裏(スコットランド調査)


かねてからブラックと噂されているネット通販の最大手アマゾン(Amazon)だが、クリスマス商戦に応じるスタッフの非人間的な扱いがで批判されているという。

配送センターのスタッフはオンラインで注文された品々をお届けするために、時間と戦う罰ゲーム的な作業に追われ、失敗すれば懲罰が与えられるのだとか。

クリスマス商戦中で山積みとなった商品が詰め込まれた倉庫内で、彼らは、”ガン”と名付けられたピッキング用携帯デバイスのビープ音に支配されたストレスフルな環境で働いている。

ブラックフライデーという最繁忙期の間のスコットランド、ゴウロックの発送センター内でメールオンラインのスタッフが作業員として潜入し、調査を行ったところ、労働者から次のような声が集まった。

・どの作業も容赦ない時間目標が設定され、クリアできなければペナルティを与えられる
・トイレ休憩が長いと見なされればペナルティが与えられる
・時給は最低賃金をわずかに上回る7.35ポンド(約1,060円)。
・スタッフは強制的に残業や休日出勤を強いられるうえ、シフト変更が突然知らされる
・携帯スキャナーによる居場所の追跡、CCTVカメラによる監視、空港並みのセキュリティチェックなどによって不信や猜疑心が蔓延している
・毎日最大22キロ歩き、足の裏に水ぶくれができる労働者も多い

スポンサーリンク

何も考えられずゾンビのように働く、アマゾンビ

数千ものスタッフが就く仕事の一つ、“ピッカー”という業務では、棚に置かれた商品を集めて、顧客に発送しなければならない。

潜入したメールオンラインのスタッフは、アマゾンの巨大な倉庫の中で1日11時半作業を9日間続けたそうだ。

スタッフの1人は、「スキャナーにこき使われて、次の棚番号以外何も考えない……それがすべて」と語る。また別のスタッフは、「仕事が始まれば脳は置いていく。ゾンビそのまま」と証言する。

amazon1

ページ:

1

2 3 4
スポンサーリンク スポンサーリンク

▼アンケート(ランダム表示)& 結果確認


この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!