おすすめの記事

元モスバーガー店長「24時間営業は本気で見直した方がいい…」その理由とは…


ファミリーレストラン業界において、全国に223店舗を構える「ロイヤルホスト」が、2017年1月をもって24時間営業を廃止することを発表しました。

このいたるところで目にする「24時間営業」の店舗については、従業員の長時間労働を助長しているという意見も広くささやかれています。

早朝や深夜の営業時間短縮も進め、その分従業員の働く環境を改善していこうというこの取り組みに対し、元モスバーガーの店長だったという西山雄一 (@nishiyamayuichi)さんも、自身の体験を踏まえつつ賛同の声を上げています。

スポンサーリンク

24時間営業の廃止は、従業員の負担を減らすだけでなく、利益率アップにも貢献する可能性が高いとのこと。

この意見を受けて、他のユーザーからは「深夜営業はもうやめたほうがいい」「ブラック体制を早く見直すべき」などといったコメントが多数寄せられました。

一方、経営を心配する声も…

他のチェーン展開する店舗もロイヤルホストに追随することになるのか?

今後の動向を見守りたいところです。

▼ネット上の反応(2ページへ)

ページ:

1

2
スポンサーリンク スポンサーリンク

▼アンケート(ランダム表示)& 結果確認


この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!