おすすめの記事

“障がい”の表記に「嫌い」パラリンピックスイマー・一ノ瀬メイの持論に反響多数


28日、日本テレビ系で放送されている人気番組「人生が変わる1分間の深イイ話」に、今年のパラリンピック水泳でも活躍した一ノ瀬メイさんが出演。

その際、右腕に障害を抱える彼女は、昨今広まりつつある「障がい」という表記に関して、「『害』がひらがななのが嫌い」と、率直な持論を展開しました。

ichiis

「害やから、よくないやろ(ということ)でひらがなにするって」

「腕がないのが障害なんじゃなくて、それを持って生きくていく社会が『害』」

「私からしたら、障害は本人じゃなく社会やから、ひらがなに直して、勝手に消さんといてほしい」

(参照:パラリンピック水泳日本代表の一ノ瀬メイ 「障がい」の表記に「嫌い」)

スポンサーリンク

「害」は、ハンディを背負った人の中ではなく、社会の中に存在するもの。

ゆえに一ノ瀬さんは、ごまかさず、現実と向き合うためにも、そのままの表記で残しておくべきだと述べました。

この意見に対して、Twitter上でも共感の声が上がっています。

▼ネット上の反応(2ページへ)

ページ:

1

2
スポンサーリンク スポンサーリンク

▼アンケート(ランダム表示)& 結果確認


この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!