おすすめの記事

ちっとも良い事ない…疲れるだけの悪口は、もうやめよう。


悪口、陰口が好きな人がいる。

会話を交わせば必ず

「彼にはだらしないところがある。
きっと女性問題で失脚するよ」

「あいつの営業力じゃ、
成績なんか上がりっこない」

などと他人をおとしめる
フレーズが登場する手合いだ。

当人は「それに比べて自分は・・・」と
すぐれた自分、素晴らしい自分を
アピールしているつもりかもしれないが
そうは問屋がおろさない。

この種の人々に下される評価は

「誰の悪口を言うかわからない
信頼のおけないヤツ」

というものだからだ。

そう、悪口は他人をおとしめるのではなく
実は自分をおとしめるのである。

悪口の背景にあるのは多くの場合
劣等感だ。

スポンサーリンク

モテない自分を感じているから
モテる人を「だらしない」
と批判してバランスを保つ。

営業力のなさがわかっているから
誰かを自分より下だとけなすことで
自己満足にひたるのである。

しかし、いくら声高に叫ぼうと
モテない自分、仕事ができない自分は
変わらない。

周囲から人が離れていくだけである。

悪口を言ってみずから疲れる愚はやめよう。

無意識に人を傷つけて
しまっていることがある。

なにげないひと言が
相手のプライドにグサり
と突き刺さったりするケースだ。

もっとも典型的なのが
子どもを叱咤激励するつもりの

「しっかり勉強しないと、
お父さんみたいになっちゃうわよ」

という言い草だろう。

槍玉にあげられたお父さんは
たまらない。

奥方に悪意はないのかもしれない。

ちょっとしたもののたとえに
お父さんを拝借しただけということなのだろう。

しかし、お父さんのプライドは粉々に砕け散り
さらには父子関係にも確実にヒビが入る。

だが、これはほんの一例だ。

ビジネス場面でも友人関係でも
恋人同士の間でも
プライドを傷つけるなにげない一言を
発していることは少なくないのである。

受け取る相手の立場になって
自分の言葉を検証してみる。

そんな姿勢が良い関係、
より良いコミュニケーションの礎になるのである。

出典元:斎藤茂太 心をリセットしたいときに読む本より

スポンサーリンク スポンサーリンク

▼アンケート(ランダム表示)& 結果確認


この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!