おすすめの記事

「吐き気ぐらいで大事な授業を抜けるのか」白血病の生徒に退席を認めなかった教師。その理由にコメント殺到


最近度重なる不祥事が問題視されている小中学校の教師。

そしてまたもや、教育委員会によってある問題が発覚した中学校がありました。

それは2016年3月23日に開かれた市議会で明らかとなったこと。

2015年4月、神奈川県藤沢市の市立中学校で、白血病を患っている男子生徒が吐き気がすると訴え、教師に保健室に行きたいと申し出ました。

しかし、この生徒の申し出に対して50代の男性教師はこのように答えました。

「吐き気ぐらいで大事な授業を抜けるのか」

結局、この生徒が保健室へ行くことは認められませんでした。

スポンサーリンク

これによって男子生徒は精神的なショックを受けて、翌日から2週間ほど学校を休むことに。

男子生徒が白血病であるということは、教師たちに共有されていましたが、男性教師は「その生徒のこととは分からなかった」と話しています。

この男性教師に実際はどのような意図があったのかは分かりませんが、やはりこの場合には不適切な言動だったと思います。

これについて、ネット上に数多くのコメントが寄せられています。

ページ:

1

2 3
スポンサーリンク スポンサーリンク

▼アンケート(ランダム表示)& 結果確認


この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!