おすすめの記事

トランプのTPP拒否声明で成立は絶望的に!安倍晋三首相「米国抜きのTPPは意味がない」


11月22日にドナルド・トランプ次期大統領がTPPからの離脱を表明しましたが、これについて日本側からは反発の声が出ています。石原伸晃大臣は「今後もTPP承認を続ける」と述べ、トランプ氏の考え方に配慮しないと反論しました。

また、安倍晋三首相もトランプ氏のビデオメッセージが発表される直前に、アルゼンチンの首都ブエノスアイレスで「米国抜きでは意味がない。根本的な利益のバランスが崩れてしまう」などと主張しています。

しかしながら、ドナルド・トランプ次期大統領の決意は非常に硬いと見られ、来年には正式な離脱を決定する可能性が高いです。この離脱によってTPPは瓦解することになりますが、日本にとってはその後が問題だと言えます。

ドナルド・トランプ氏は「日本とアメリカでTPPよりも厳しい二国間条約を締結する」と主張しており、日本のお金や物がTPP以上に厳し条件で奪われるリスクが有るのです。
今後の日本の外交次第とも言えますが、トランプ氏のTPP離脱で日本は判断を求められることになると思います。

スポンサーリンク

安倍晋三首相「米国抜きのTPPは意味がない」
http://www.sankei.com/politics/news/161122/plt1611220010-n1.html

 【ブエノスアイレス=田北真樹子】安倍晋三首相は21日午後(日本時間22日午前)、アルゼンチンの首都ブエノスアイレスで記者会見し、トランプ次期米大統領が離脱を表明している環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)に触れ「米国抜きでは意味がない。根本的な利益のバランスが崩れてしまう」と訴えた。

<TPP>次の一手苦しく、安倍政権に痛手…発効絶望的
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161122-00000128-mai-bus_all

ドナルド・トランプ次期米大統領が大統領選後初めて、環太平洋パートナーシップ協定(TPP)からの離脱を表明した。保護主義的な政策が広がれば、アジア市場の取り込みを成長戦略の柱に据える安倍晋三政権には打撃となる。

▼動画でみる(2ページへ)

ページ:

1

2
スポンサーリンク スポンサーリンク

▼アンケート(ランダム表示)& 結果確認


この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!