おすすめの記事

細川たかしが紅白歌合戦からの卒業を表明「世代交代も必要」


細川たかし紅白卒業「世代交代必要」心境を明かす

演歌歌手細川たかし(66)が大みそかの「第67回NHK紅白歌合戦」の出場を辞退し、同番組から卒業することを表明した。このほど日刊スポーツの取材に応じ、その決意と心境を明かすとともに、昨年まで合計39回出場した同番組出演の思い出を語った。

今年出場すれば、40回の節目。大台を前に、番組卒業の理由を明かした。

「昨年、森進一先輩が番組を卒業されて、今年は私かなと。紅白の舞台に立つことは、歌手として1つのステータスで、最大の夢。でも枠は限られているし、世代交代も必要です。『のど自慢』『うたコン』など、NHKの番組には今後もぜひ協力させていただきたいのですが、紅白は卒業させていただきます」

決意を固めた細川の表情は、実にすがすがしかった。75年、デビュー曲「心のこり」で初出場した時の会見や歌唱の写真を眺めて、感慨深げに振り返った。

スポンサーリンク

「おお、キャンデ(ィ)ーズに、ダウン・タウン(ブギウギ・バンド)かあ。宇崎(竜童)さんも若いなあ。レコード大賞の最優秀新人賞をいただいて、すぐにNHKに移動してのトップバッター。お師匠さんの三橋美智也さんはじめ、フランク永井さんとか、そうそうたるメンバーがいる中で重量感が違ったよ。夢のように終わっちゃったな。当時は、今の紋付きはかまじゃなくてスーツ姿が多かった? 大御所しか着物は着られなかったんだよ」

ページ:

1

2
スポンサーリンク スポンサーリンク

▼アンケート(ランダム表示)& 結果確認


この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!