おすすめの記事

教諭「復興のため」18歳未満の高校生が初めて福島原発に!マスク無しで廃炉現場を見学 


今まで若者に影響があるとして18歳未満の入場を制限していた福島第一原発で、初めて現役の高校生たちを受け入れました。
報道記事によると、福島県立福島高校の生徒ら13人が、初めて福島第一原発の廃炉作業を見学したとのことです。マスクなどはせずに、バスで約二時間ほど福島第一原発を見ていたと報じられています。

顧問の教諭は「生徒らは自分たちのふるさとの復興を進めるため、何かできないかと活動してきた。今日見たものがさらなる原動力になるはず」と述べ、福島の復興を強調していました。
受け入れた東電側は「線量が下がったから」としていますが、依然として高線量エリアも多くあることから、ネット上では福島第一原発に若者を受け入れた行為に否定的な意見が相次いでいます。

福島の高校生、廃炉現場を見学 18歳未満で事故後初
http://www.asahi.com/articles/ASJCL4STSJCLUGTB00G.html

スポンサーリンク

fukusima1

廃炉作業が続く東京電力福島第一原発の現状を間近に見ようと、福島県立福島高校の生徒らが18日、18歳未満として初めて事故後の構内をバスで見学した。水素爆発などによる損傷が残る原子炉建屋や汚染水タンク群などを、約2時間かけて車窓から見つめた。

▼ネット上の反応(2ページへ)

ページ:

1

2
スポンサーリンク スポンサーリンク

▼アンケート(ランダム表示)& 結果確認


この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!