おすすめの記事

過去50年間分の原発費用を国民負担に…経済産業省が提案、廃炉や賠償費用とセットで


福島第一原発の廃炉や賠償費用を国民負担にする案が議論されていますが、経済産業省は新たに過去の原発利用費用も国民負担とする案を提案しました。
報道記事によると、11月16日の作業部会で「過去分」という名称で、原発に関する費用を最大で過去50年間分も国民から徴収する案を検討しているとのことです。

原発を持たない新電力や一部の有識者からは強い反発が相次いでおり、今の時点では実現するかは不透明になっています。ただ、安倍政権や電力会社はかなり前向きに検討しているようで、このままだと成立する恐れがあると言えるでしょう。

原発利用「過去分」に反発 福島事故賠償の国民負担案
http://this.kiji.is/171582356449902594

 経済産業省は16日、有識者による「電力システム改革貫徹のための政策小委員会」の作業部会を開いた。東京電力福島第1原発事故の損害賠償費用を工面するため、原発による電気の利用者が事故に備えた保険料として積み立てるはずだった「過去分」と称し、最大50年さかのぼって国民から広く徴収する案を検討した。

スポンサーリンク


touden1 touden2 touden3 touden4 touden5

以下、ネットの反応&動画(2ページ)

ページ:

1

2
スポンサーリンク スポンサーリンク

▼アンケート(ランダム表示)& 結果確認


この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!