おすすめの記事

博多駅前の陥没 高島宗一郎市長の情報発信に「解りやすい」と反響


「水は抜かない?」「復旧まで何日?」 博多駅前の陥没事故の疑問にQ&Aで回答 福岡市長の情報発信に反響

福岡市の高島宗一郎市長は、博多駅前で発生した陥没事故に関する情報を自身のブログやSNSで発信している。この中で、事故に関する疑問に対してQ&A形式で回答しており、「解りやすい」「迅速かつ適切な対応」と注目を集めている。

高島市長は、自身が持った疑問を「同じ疑問を持つ方もいらっしゃると思いますので」と対策本部の工事担当者から聞いて8日夕方の投稿で共有。陥没事故に対して、穴に溜まった水、水の水位、復旧までの手順と期間、流動化処理土(水の中でも固まるセメントが混ざった土)の投入量、建物倒壊の可能性の6つの疑問に簡潔明瞭な文章で回答した。

スポンサーリンク

ネットではこの高島市長の迅速でわかりやすい情報発信に、「最新の情報と分かり易い御説明を、ありがとうございます」、「喉にささった骨が抜けたくらいのすっきり簡潔な記事にとても安心しました」といった感謝の声が寄せられている。

<Q&A全文>(2ページへ)

ページ:

1

2
スポンサーリンク スポンサーリンク

▼アンケート(ランダム表示)& 結果確認


この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!