おすすめの記事

ビートたけし TPPめぐる与野党の攻防をバッサリ「コントだよね?」


ビートたけし TPP法案採決をめぐる与野党の攻防に辛辣発言「コントだよね」

5日放送の「新・情報7daysニュースキャスター」(TBS系)で、ビートたけしが、環太平洋連携協定(TPP)法案の採決をめぐる与野党の姿に辛辣な発言を飛ばした。

同法案は、衆議院のTPP特別委員会において、民進党などの野党議員が塩谷立(しおのや・りゅう)委員長に詰め寄る中、与党の賛成で可決された。番組では、法案可決をめぐる与野党の攻防を取り上げている。

スタジオの出演者が与野党の態度に苦言を呈する中、たけしは「野党が(採決を)止めようとして、ちょっとでも怪我すると傷害事件になるのかね?」「(野党議員が)あそこ(議長席)に詰め寄る自体は、問題はないのかね?」と疑問を口にした。

スポンサーリンク

そして、与野党議員が議長席を囲んで揉み合うかたわらで、山本有二農林水産大臣が粛々と自身の発言を謝罪し、撤回するという国会風景を指して「あれコントだよね?」と言い放ったのだ。

山本農水大臣は、10月の同僚議員パーティーで「強行採決」を示唆する発言で謝罪し、11月には発言内容自体を「冗談だった」などと語り、与党内からも不満が出ていた。

なお、政府・与党は承認案を8日に衆院通過させる方針。

スポンサーリンク スポンサーリンク

▼アンケート(ランダム表示)& 結果確認


この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!