おすすめの記事

スーツケースに押し込められた状態の犬が発見される…しかし飼い主から以外な事実が。


スペインのサンタ・クルス・デ・テネリフェという町で、スーツケースの中にピットブル犬が押し込められ、道のゴミ捨て場に捨てられていたのが発見されました。
犬は、内側から小さな穴を噛み開け、そこから呼吸をしていました。
無事に保護された犬でしたが、発見されるのがあと20分遅れていたらゴミ収集車によって回収され、そのまま生きて戻ることはできなかったでしょう。
そのまるで奇跡のような救出劇から、この犬はスペイン語で奇跡を意味する「ミラグロス」という名前が付けられました。

ini2

救助の人たちが現場に到着したとき、彼らはまずスーツケースに大きな穴を開け、中の犬が頭を出して呼吸しやすくなるようにしたそうです。

実際この作業はとても重要なものとなりました。スーツケースを壊して開ける作業が非常に難航したからです。

ようやくスーツケースが開いてミラグロスを外に出そうというときに、作業にあたった人たちは犬の身体に複数の咬み傷があるのに気が付き、獣医の元に送られ、治療が開始されました。

想像を絶するつらい経験をしてきたにもかかわらず、ミラグロスは人間への信頼をすぐに回復していったといいます。獣医によれば、負っていた傷から察するに、元の飼い主から相当ひどい扱いを受けていたようだということでした。

ミラグロスの人間に対する態度はまだぎこちなかったものの、傷は日に日に癒えていったそうです。

スポンサーリンク

この凄惨な動物虐待のニュースはスペインのメディアを通じて、社会に怒りの波を生み出しました。
その後、ミラグロスが収容されている動物シェルターに大勢の人が押し寄せ、ぜひ引き取ってあげたいという人が後を絶たなかったそうです。
この事件を深刻に受け止めた警察も、元の飼い主を探すべく調査を開始しました

inu3

しかし、警察が前の飼い主を探し当てたとき、人々はこの事件が当初言われていたような残虐な考えによるものではなかったということを知ります。

ページ:

1

2
スポンサーリンク スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!