おすすめの記事

電車内での化粧はヒゲ剃りと同じか カンニング竹山の主張が話題に


女の化粧と男の髭剃りは同じか「車内化粧」でカンニング竹山の主張が話題

東急電鉄のマナー広告をきっかけにインターネット上で議論を呼んでいる「電車内での化粧問題」に、お笑い芸人のカンニング竹山さん(45)が参戦した。

化粧肯定派の主張に対し、竹山さんはこんな疑問を投げかけたのだ。「シェーバーやってたらイヤじゃないですか?」「俺が濡れタオルで体拭きだしたらどう?」――。

 

「俺が電車座って濡れタオルで体拭きだしたらどう?」kanningu

2016年10月31日放送のラジオ番組「たまむすび」(TBSラジオ系)では、例のマナー広告の話題を取り上げた。

そこで竹山さんは、少し前に自身の出演番組で行ったという街頭インタビューの内容をもとに、車内化粧の実態を紹介。曰く、肯定派は20代あたりの若い世代に多く、中でも「女性専用車両でならやる」という意見が目立ったのだという。

その上で、竹山さんは肯定派の言い分を次のように説明した。

「その子(化粧する女性)は電車を降りて大事な人と会うわけですよ。仕事なのか恋人なのか分かりませんけど。そう考えると、その子にとっては『別にあんたたち(他の乗客)、関係ないもん』って言い分があるわけ。『あなたたち、私にとって大事じゃない。私は大事な人に会わなきゃいけない』と」

彼女たちにとって重要なのは、これから会う特定の相手にどう映るかであり、そのためには周囲にいる赤の他人の目は気にしない…ということのようだ。しかし、竹山さんはこれを男性に置き換えて、この考え方に疑問を投げかける。

スポンサーリンク

「それで思ったのは『じゃあ俺が目の前でウィーンってシェーバーやってたらイヤじゃないですか?』っていうこと。『俺が電車座って濡れタオルで体拭きだしたらどう?不快でしょ?』ってこと」

ページ:

1

2

スポンサーリンク スポンサーリンク

▼アンケート(ランダム表示)& 結果確認


この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!