おすすめの記事

映画の主役は、劣悪な刑務所で12年過ごし、極道の中でも一目置かれる存在だったKEIさん。


記事提供:AbemaTIMES
26日、AbemaTV『AbemaPrime』“ワールドムービング”コーナーで、「HOMIE KEI チカーノになった日本人」が紹介された。

チカーノとは、メキシコ系アメリカ人のこと。映画の主役は、元暴力団組員のKEIさん。

10代の時には歌舞伎町でけんかに明け暮れ、少年院、暴走族、そして極道の道を歩んだ。極道の中でも一目置かれる存在だったKEIさん。彼を変えたのはアメリカだった。

kei1

1993年29歳の時、KEIさんはFBIのおとり捜査によって逮捕される。ここから始まったアメリカの刑務所での12年間の投獄生活。刑務所の中は、暴力や死ととなり合わせ。

さらにさまざまな人種がそれぞれの縄張りを作っている。言葉も通じず、仲間もいないたった一人の日本人のKEIさん。そこで出会ったのが、チカーノのギャング「ホーミー」だった。

KEI「ホーミーたちは異常に家族を大切にする。仲間を大切にする。自分も子供のころに、日本の稼業に入った時は、そういうものだった」

世の中の秩序を守らずに生きてきたKEIさんを変えたチカーノの存在とは?そして劣悪な刑務所を出た後に選んだ道とは?番組では作品を手掛けたサカマキマサ監督とKEIさんに話を聞いた。
チカーノの人たちについて、KEIさんは「自分が子供のころに組織に入った時代の、まだお金で動かない感じの人たち。義理人情がある人たち」と説明する。

「日本もそうだった。でもバブルがきて、変わっていった…。お金が優先になっていく。お金のために裏切るような時代になっていった。

スポンサーリンク

そういうタイミングでアメリカの刑務所に入って、チカーノに会った。チカーノは日本人に似ている。生き方とかが昔の日本人に似ているんです。

(とはいえ)最初は殺されそうになりました。アメリカの刑務所には)中国人や韓国人もいろんなオリエントの人たちがいて、チカーノの人からみるとみんな同じに見えるのに、なんでお前は一人でいるんだ?というところから始まった…って、あんまり話すと(映画で描かれるので)監督に…(怒られちゃう!)」

KEIさんは帰国後、刑務所で出会ったチカーノたちの文化を日本でも広めようとチカーノファッションの店を開く。こうしたKEIさんの半生を綴った著書は、口コミだけで1万冊以上のベストセラーとなり、今年からは漫画にもなっている。

ページ:

1

2 3
スポンサーリンク スポンサーリンク

▼アンケート(ランダム表示)& 結果確認


この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!