おすすめの記事

三代目JSB”レコ大買収”の余波?東京五輪からLDH追放の動き


『週刊文春』(文藝春秋)が10月27日発売号で、音楽グループ「三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE」が2015年のレコード大賞を買収したと報道し、バーニングプロダクションが発行した1億800万円の請求書の写しを公開。

同グループの所属するLDHの社長・HIRO(47)が今年で退任することを発表するなど慌ただしい動きになっている。

同じく『週刊文春』に報じられた社内のイジメ問題なども含めて世間のイメージは急降下し、2020年の東京オリンピック・パラリンピック出演の夢はほぼ散っている。

■東京オリンピック・パラリンピック出演の夢散る

HIROは2014年6月、男性ファッション月刊誌『GOETHE(ゲーテ)』(幻冬舎)のトークイベントに出演した際、東京オリンピック・パラリンピックについて言及。「中心にいられるように準備していきたい」と意気込みを示していた。その後HIROは、有言実行といわんばかりに2015年4月、同イベントの文化・教育委員会のアーティストプロデューサーに就任。LDHの“五輪侵入”は現実味を帯び、一部で「日本の恥をさらすな」と批判も出ていた。

スポンサーリンク

ところが2016年になって、LDHに変化の兆しが現れた。7月には社内の“体育会系イジメ”が発覚。8月末にはEXILEのボーカル・ATSUSHI(36)が2018年までアメリカを拠点にすることを、10月23日にはグループ全体で海外展開を実施することを発表。そして同月26日には、『週刊文春』の速報ニュースを通じて、三代目JSBの「レコ大1億円買収」が公になった。

ページ:

1

2
スポンサーリンク スポンサーリンク

▼アンケート(ランダム表示)& 結果確認


この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!