おすすめの記事

堀江貴文氏 核兵器禁止条約をめぐる渡辺謙の意見にTwitterで異論


堀江貴文氏 核兵器禁止条約に反対票を入れた日本政府に理解「禁止するとより危険」

30日、堀江貴文氏が自身のTwitter上で、核兵器禁止条約に反対票を入れた日本政府に対しての理解を示した。

ことの発端は、国連総会が27日「核兵器禁止条約」の制定に向けて、2017年より交渉を開始するという決議を採択したことにある。

採択に際して、被爆国であるはずの日本を含む38ヶ国が反対票を投じたのだ。これに関して、岸田文雄外相は「核兵器国と非核兵器国の間の対立を一層助長し,その亀裂を深めるもの」と、今回取った判断理由を明かした。

こうした日本の動きについて、渡辺はTwitter上で「信じられないニュース」だと批判。

スポンサーリンク

「核を持つ国に追従するだけで意見は無いのか」「原爆だけでなく原発でも核の恐ろしさを体験したこの国はどこへ行こうとしているのか、何を発信したいのか」と綴り、唯一の被爆国・日本が条約採択に反対したことに怒りをあらわにしたのだ。

ページ:

1

2
スポンサーリンク スポンサーリンク

▼アンケート(ランダム表示)& 結果確認


この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!