Share News Japan

シャリを残す人への批判 女性が憤慨「ラーメンのスープを残すのと同じ」

シャリを残す人への批判 女性が憤慨「ラーメンのスープを残すのと同じ」

【炎上】寿司のシャリを残す女子 / 世間に反論「ラーメンのスープは残していいのに寿司はダメなの?」

インターネット上で「寿司のシャリを残す行為は許せるか」という内容のニュースが話題となった。

ダイエットのため、寿司のネタだけを食べ、シャリを残す女性が急増しているのだという。そんなニュースに対して、「だったら寿司屋に行くな!」「食べ物を粗末にするな!」「世界には食べたくても食べられない人がいるんやで!」と、世間から怒りの声があがったのである。

強いバッシングの嵐

寿司のネタだけを食べる行為は、刺身を食べているに等しいと判断する人が多い。もちろん、ネタだけ食べるとシャリが残る。残せば厨房のゴミ箱行きだ。

そのためインターネット上では「だったら刺身を食べればいいだろ」という声が多数あがっており、寿司のシャリを残す女子に対して強いバッシングの嵐が吹いている。

ネットで騒ぐ声に「遺憾です」

しかし、寿司のシャリを残す行為を「間違い」だと断定していいのだろうか。モラルを掲げてリンチのようにバッシングしていいのだろうか?

そこで今回、日常的にシャリを残している霧島輝星さん(きりしまきらら / 21歳)と接触し、お話を伺った。彼女は宮崎県出身で、キャバクラで働く女子。彼女によると、今回のニュースをスマホで読んで憤慨しており、非常に遺憾だという。

             

記事が良かったら『いいね!』をお願いします。

〈1日1クリックのご支援お願いします〉
⬇︎⬇︎⬇︎
現在第1位!

                 

アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事

Return Top