おすすめの記事

哀川翔、5歳で父の検視に立ち会っていた「どういう思いで生きたかが大事」


哀川翔 母親に代わりわずか5歳で父の検視に立ち会っていた

27日放送の「ファミリーヒストリー」(NHK総合)で、哀川翔がわずか5歳で父親の検視に立ち会っていたことが明かされた。

この番組は、著名人の家族の歴史を本人に代わって徹底取材し、「アイデンティティ」や「家族の絆」を見つめる趣旨だ。今回はゲストに哀川(本名・福地家宏)を迎え、彼の先祖である佐賀鍋島藩の武将までルーツを遡った。

哀川の父親・福地家興(いえおき)は海上自衛隊のパイロットだった。そんな父親が事故に巻き込まれてしまう。

スポンサーリンク

1967年、哨戒機の機長であった家興は合同訓練を終え、徳島基地に帰隊途中で空中衝突に巻き込まれてしまう。テレビの速報でも父親の名前が流れたらしく、新聞には「乗組員全員が絶望」だと報じられていた。

ページ:

1

2
スポンサーリンク スポンサーリンク

▼アンケート(ランダム表示)& 結果確認


この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!