おすすめの記事

本当は日航機墜落事故便に乗ってるはずだった…実母は三歳時に病死。弟は火事で焼死。壮絶すぎるさんまの人生。


明石家さんま さんと言えば、もはや説明不要です。

お笑い界の師匠、お笑い王子、芸能界のお笑い怪獣などと様々な異名を持っておられる日本を代表するお笑いタレントです。

そんな明石家さんまさんの人生を生い立ちから追ってみると、トンデモナイ壮絶な人生を送ってきたことが判明しました。

いくつかご紹介したいと思います。

明石家さんまさんが泣かない理由

sanma
自身が「泣かない理由」を話したネタが、まさかの“美談”として受け取られてしまったことで苦笑いしたエピソード。

明石家さんまさんがテレビで「涙を見せない」ことをモットーにしていることはよく知られている。

明石家さんまさんは番組で「なぜ泣かないんですか?」と質問を受けた際、「涙は(村上)ショージのためにとってあんねん」と発言したことで、想定外の展開になってしまったという。

自身はその発言はボケのつもりで、ショージからの「俺の方が先に死ぬのんかい!」というツッコミを期待していたものだったが、その発言が共演者の後輩芸人を泣かせてしまった・・・

「涙は(村上)ショージのためにとってあんねん」

それはボケたつもりだったのに、「ホトちゃん(雨上がり決死隊の蛍原徹)が涙ぐんでしもて……」

と、後輩芸人を感動をさせてしまってそうだ。

その場に居たショージも、「そしたら(間)寛平さんが大ヤキモチ焼いてしもて、『俺のは?』言うてましたよと暴露した。

そんな周囲の反応に、さんまは「素通りされるとカッコ悪いねん、ツッコミあると成立するのにな」と語ったという。

「僕は泣かないって決めてますから。(中略)僕の好きだった女性のお母さんが昔、『さんまさんはテレビで泣かないから信用できる』って言ってくれたんです。その時に『ああ、こんな人がいるんなら俺は一生テレビで泣かない』って思ったんです」

だから、良く泣く芸能人との共演が無いわけですね。
(徳光さんとは共演NGとされている。24時間TVを批判したのが理由らしい)

スポンサーリンク

▼明石家さんまさんの実母は三歳の時に病死

sanma

明石家さんまさんが小学校高学年の時に父が再婚し、明石家さんまさんには年の離れた弟(故人)ができた。
継母には遠慮もしたし反発もあった。

その継母は、隣の部屋で酒を煽りながら「ウチの子はこの子(弟)だけや・・・」って言うのが壁伝いに聞こえてきて、それが本当に嫌だったという。

よく弟との二人、二段ベッドで泣いていたそうだ。
だから明石家さんまさんは酒を飲む女性が苦手らしい。

だが、明石家さんまさんの継母に対する「飢えた愛」が、お笑いの感覚を研ぎ澄ませていったというから、人生はわからないものだ・・・

継母は明石家さんまさんの事をずっと無視していた。

まるで明石家さんまさんがそこにいないかのように弟にばかり話しかける。
それでも明石家さんまさんは継母と仲良くしてもらおうと努力していた。

愛に飢えていたのだ。

継母に反応してもらいたい。

だから、毎日毎日必死で面白いことを考えたという。

そのうち、学校でもそのノリで暮らすようになり一躍人気者に。
そして、お笑いの道に進むようになったという。

ページ:

1

2
スポンサーリンク スポンサーリンク

▼アンケート(ランダム表示)& 結果確認


この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!