おすすめの記事

40年前の日本食を4週間食べ続ける実験。その結果が素晴らしい。


今や世界で注目される『日本食』。なぜここまで注目されるようになったのでしょう。
日本食が具体的にどのように身体に影響しているのか、東北大学の都築(つづき)准教授をはじめとするグループが実験を行いました。
すると、「日本食はやっぱり最高かも!」と誰もが思ってしまう結果が得られたのです。

その実験とは…

実験はとてもシンプル。『約40年前、1975年頃の日本食を続けて食べてみる』というものです。

現在の高齢者の方が、働き盛り(20~40代)の頃に摂取していた栄養バランス、調理方法で日本食を4週間食べ続けてみました。

▼当時の代表的な献立はこちらです
208062-1
献立の特徴は5つ。
208062-2

・多様性▶色々な食材を少しずつ食べる。

・調理法▶調理法の優先度が「煮る、蒸す、生」⇒「茹でる、焼く」⇒「揚げる、炒める」の順。

・食材▶大豆製品や魚介類、野菜(漬物を含む)、果物、海藻、きのこ、緑茶を積極的に摂取。卵、乳製品、肉は適度。

・調味料▶出汁や発酵系調味料(醤油、味噌、酢、みりん、お酒)を上手く使用し、砂糖や塩の摂取量を抑える。

・形式▶一汁三菜「主食(米)、汁物、主菜、副菜×2」が基本。

スポンサーリンク

上記の『5つの特徴を重視した日本食を食べるグループ』と『現代食を食べるグループ』に分けて、4週間後の健康数値を調べた結果、日本食の素晴らしさを再確認できる結果がでたのです。

その結果とは…次のページをご覧ください。

ページ:

1

2
スポンサーリンク スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

「確認」と表示されたらクリックしてね♪

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!

  1. 戦後のドイツで、自分の身の危険もかえりみず、人々を救い続けた日本人医師。長い間知られずにいた、その人物の生涯とは…

    旧東ドイツのポーランド国境近くに、リーツェン(Wriezen)という小さな町があります。 この…