おすすめの記事

タイのプミポン国王が死去 在位期間70年で88歳


【バンコク=西島太郎】タイ王室庁は13日、プミポン・アドゥンヤデート国王(ラマ9世)が死去したと発表した。

88歳だった。1946年6月、18歳で即位し、在位期間は70年と、存命する世界の君主の中で最長だった。国王は、首都バンコクのシリラート病院で治療を受けていた。王室庁の声明によると、国王は13日午後3時52分(日本時間同日午後5時52分)、穏やかに息を引き取ったという。

王位は、長男のワチラロンコン皇太子(64)が継承する。

スポンサーリンク

タイ首相府は13日発表した声明の中で、タイ政府関係者らに14日から1年間の服喪期間を設けると述べた。

国民が絶大な敬愛を寄せる国王の死で、タイでは政治的・社会的混乱が懸念される。

東南アジア諸国連合(ASEAN)の中核国家であるタイには日系企業も多く進出しており、経済活動にも一定の影響が出そうだ。

スポンサーリンク スポンサーリンク

▼アンケート(ランダム表示)& 結果確認


この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!