おすすめの記事

杉村太蔵が民進党体質を批判「他人に厳しく自分に甘い」


杉村太蔵が民進党体質を批判「他人に厳しく自分に甘い」

10日放送の「橋下×羽鳥の番組」(テレビ朝日系)で、杉村太蔵が、民進党を「好きになれない理由」を語った。

番組では自民党と民進党の議員をゲストに招き、各テーマ毎に意見を交わした。そのトーク中、民進党の細野豪志衆院議員が、自身の所属政党について「自民党に代わり得る選択肢にならないといけない」と課題を挙げると、杉村は「僕がどうしても民進党が好きなれない」と胸の内を明かす。

杉村によれば民進党は「民主党時代からとにかく他人に厳しくて自分に甘い」というのだ。その例として、二重国籍問題で揺れている蓮舫民進党代表を槍玉に挙げて「仮に安倍さんが二重国籍だったら、間髪入れずに不信任案出したと思う」と他党の弱点をとことん追及して総辞職に迫っただろう、と推測した。

スポンサーリンク

さらに蓮舫氏の与党批判についても苦言を呈す。反対だけでなく提案するという姿勢は評価しながらも、「もの凄くちっちゃいことを追及する」と重箱の隅を突く厳しい指摘ばかりだ、と身内に甘い体質を批判したのだ。

この意見に、民進党の玉木雄一郎衆院議員は「野党はオポジション・パーティー(反対政党)だから、ある種反対するのが仕事ですよ」と、野党の責務を説明した上で、与党になるためによい反対こそが必須だと主張した。しかし杉村は「そのいい反対に聞こえないですよね」と玉木議員の発言にも言い返していた。

スポンサーリンク スポンサーリンク

▼アンケート(ランダム表示)& 結果確認


この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!