おすすめの記事

川谷絵音に対し同じ事務所のアーティストからブーイングの嵐


ゲス川谷が原因で事務所ブランド急落 所属アーティストたちからブーイングの嵐

未成年だったタレントとの飲酒発覚で「ゲスの極み乙女。」などの所属ロックバンドが活動を自粛する川谷絵音(27)に対し、同じ事務所に所属する他のアーティストからもブーイングの嵐だという。

タレント・ベッキー(32)との不倫に続き、再び問題を起こした川谷。ボーカルを務める「ゲス――」と「indigo la End」は3日に揃って活動自粛が発表された。12月3日の「ゲス――」のライブをもって活動を休止するという。

スポンサーリンク

所属事務所の発表文には「川谷が起こした事実(未成年者との飲酒)の重大性を踏まえ、川谷、両バンドメンバー及びスタッフで協議をした結果、このような決断に至った次第です」と経緯が記されているが、不倫騒動で春先からメンバー、スタッフ間に亀裂が生じていたことを本紙は既報している。

現在も、川谷以外の両バンドのメンバー6人は活動自粛についてツイッターで謝罪や説明を投稿しておらず、亀裂の深さがうかがい知れる。しかも、亀裂はそれだけではない。

ページ:

1

2
スポンサーリンク スポンサーリンク

▼アンケート(ランダム表示)& 結果確認


この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!